お店を探す

ログイン

調達金額

2,518,000

会員権

196 /

400

会員数

114

購入単価は 3 13,500 円〜

会員募集中

OND

あの「茶割」チームが仕掛ける新たなステージ

東京都目黒区上目黒2丁目
調達金額
2,518,000
会員数
114
会員権

今後の販売プラン

先行会員募集
早割
196/400

3枚(13,500円)から購入可能

このお店をシェアで応援

シェア
ツイート
LINEで送る

会員ランク

MEMBERSHIP TIERS

会員ランク

SILVER

特典1

お店の予約権利(最大4名様までお連れ可能)

特典2

[2019年限定] "あなたの思う値段でお支払い" する権利

特典3

[年1回] 特典チケット配布

特典4

イベントご招待

会員ランク

GOLD

特典1

お店の予約権利(最大4名様までお連れ可能)

特典2

[2019年限定] "あなたの思う値段でお支払い" する権利

特典3

[年1回] GOLD特典チケット配布

特典4

イベント優先ご招待

特典5

貸切利用権

特典6

[先行販売限定] 当店内の支援者銘板にお名前を掲載させていただきます

応援コメント

COMMENTS

レストラン名OND「温度」がキーになっています。料理に対するアプローチが今までのレストランとは違う体験を是非!興奮します!

秋月 俊一

にくまん合同会社 代表社員

「茶割」ではいつも楽しい時間と美味しいご飯&お酒をありがとうございます!僕の大好きなお店を作ったお二人の新しいチャレンジを応援しています!

小田 明志

編集者

和知さんの料理が好きで、O'KOKには何度も訪れています。‬‪‬大人な店舗ができるということで試食会に伺いましましたが、今までの印象を塗り替えるようなシックな内装で驚きました。料理も敷居が高いのかと思いきやおしゃれなのに複雑過ぎず、とても美味しくて完食!ありがとうございました。

加藤 順子

歯医者

「温度を切り口にした新しいレストラン」という新しいコンセプト。その視点から生まれた料理や空間。ONDチームの長い試行錯誤の末、全てがユニークな体験に仕立て上げられています。五感が喜ぶOND体験をより多くの人が楽しめるよう、応援します!

久下 玄

デザイナー

伝説の茶割屋を作り出した多治見さんの新店舗、期待してます!スパイスとハーブも、素材毎に煮出す温度帯を絶妙に変えます。温度によって料理を楽しむ、とても素敵で新しい見せ方だと思います。どんなメニューか楽しみにしています!

ともコーラ

天然コーラメーカー

知っている料理でも、知らなかった温度で触れることで、新しい味に出会うことができる。温度を軽やかに操る和知シェフに、ぜひ踊らされてみてください。

長竹 慶祥

コピーライター

アートのような空間と、心の込もったお料理に魅了されました。長く、大切につかわせていただきたいお店です。

町田 満彩智

Miss World 日本伝統文化賞 Miss Okinawa 沖縄親善大使

中目黒駅から歩いてすぐ。伊勢脇通りを少し入ったところにある、スタイリッシュなのに隠れ家的な雰囲気が漂う居心地のいいお店です。あまり量が食べられず、コース料理の際メインまで辿り着けない質なのですが、程よい量に調整して頂き最後まで美味しくいただけました。目の前で盛り付けられるソースが絶品!デートで再び訪れたいお店です。‬

萬波 ユカ

モデル

お食事、内装、そしてワイン! 全部が新鮮で美しいお店です。低温調理機の温度表示をあんなにおしゃれに生かしているのは初めて見ました(笑)。ちょっと背伸びしたような気持ちになる店内とは裏腹に、とてもフランクで楽しい接客をしてくださるシェフに会いに、体が喜ぶご飯をいただきに、また伺いたいです!

矢島 光

漫画家

お料理は言わずもがな、「情報を喰らう」という点でも満足できるお店。進化が止まらない多治見さんと和知さん。この2人のコラボレーションだからこそ出来ることがある。これからも目が離せません!

杉本 昌毅

Google Japan ・ にくまん合同会社 代表社員

このお店のストーリー

STORY

お茶とお酒の無限大のバリエーションを創り出す「茶割」が仕掛けるOND。温度と再構築をコンセプトにした新たなステージへの挑戦

絶妙に温度管理されている鹿肉

学芸大学と目黒で100種類のお茶割と100種類の唐揚げを提供し、ユニークな酒場として話題を呼んでいる「茶割」。もはやこのドリンクスタイルは店だけにとどまらず、「お茶&お酒」の新しいムーブメントを作り出しました。

オーナーの多治見を筆頭に「茶割」ブームを生み出したチームが新たに挑戦するのが実験的ガストロノミー・レストランが「OND(オンド)」です。

大衆酒場の魅力を追求し、定番であった従来の「茶を酒で割る。」というスタンスを深堀することで、今までにない程のオリジナルに溢れる無限大のバリエーションを生み出すことに成功しました。まさに茶割の真骨頂。当たり前にあったものが斬新な形に姿を変え、老若男女に愛される新時代のアルコール飲料として美味しさと楽しさを提供する大衆酒場を作り上げることが出来たのです。

最高級の抹茶で作るお茶割

2019年秋、ついにこの不動なまでの人気を糧に、さらなるステージへと挑戦します。それが、「OND」です。”ファインダイニング”と呼ばれるにふさわしい洗練されたスタイリッシュな空間で皆様を”おもてなし”します。

黒川紀章の甥にあたる黒川彰による内装デザイン

「温度」と「再構築」をテーマにコースを構成

1度の違いを徹底的に管理

ガストロノミーの本来持つ意味深さを追求することで、ようやく独自のスタイルとして追求したのが、店の名前の由来でもある「温度」。様々な素材を−196度から300度にかけての絶妙な温度調整を行うことで無数の調理法から秀逸な一品を生み出します。

繊細な料理からダイナミックなジビエ料理までもがこのスタイリッシュなシェフズ・テーブルで繰り広げられます。全てが見渡せるからこそ何一つ包み隠すことがなく、真剣勝負そのものなのです。

一品一品に真剣勝負

旨味を最大限に引き出すための低温から香りや渋みをあえて楽しむ80−90度の挑戦的な淹れ方まで、ペアリングの茶カクテルも温度へのこだわりに抜かりがありません。茶割での経験を元に「OND」のペアリングはここでしか味わうことができない名品であることは間違いありません。

料理同様、茶割で茶カクテルを生み出した経験を元に、ONDではこのペアリングでしか生み出せない贅沢な茶カクテルも提供します。象徴的なのが玉露を一煎、二煎と楽しんだ後に残される「茶がら」を用いて創作された「茶がらモヒート」。

ONDでしか味合うことができない「茶がらモヒート」

「生産者の方から、抽出後の玉露の茶がらは食べても美味しいというお話を聞きました。すぐに試してみたところ、ポン酢を一滴垂らしただけでも旨味たっぷり、白和えにしてみるとこれは大変美味しい。抽出後の玉露の葉を、ミント代わりにつかってみたら、旨味あふれる和のモヒートができるのではないか、と考案しました。一般的な緑茶とは異なる環境で育てられた高級茶葉だからこそできる一杯をじっくりと味わっていただきたい。」と。お茶をこよなく愛する多治見だからこそ思いついた一品です。 (お茶割りペアリングは、開店からしばらく経ったのちに提供開始予定です)

温度と再構築をコンセプトにした多治見の新たなステージ。まさにここ「OND」でしか味合うことのできない体験なのです。

経歴

HISTORY

オーナー・多治見智高

大学卒業後、異業種から飲食の道へと転身した多治見。 彼の勝算は「未経験であることとアイディア」にあった。その中で誕生したのが「茶割」。緑茶ハイやカシスウーロンなど、元から存在していたお茶割りを深堀りして見せ方を変えたことによって、100種類の「お茶割り」のメニューを構築。 そのメニュー作りはどこか数学的な観点から生み出されているとも思われます。

お茶割りに対する看板となる料理メニューは「唐揚げ」。お茶割り同様に100種類のバリエーションを謳い、メニューのサプライズ感を圧倒的にしました。学芸大学で創業し、わずか2年半で目黒にも店舗を増やし、メディアからの注目も多くなり、「毎日満席」という飲食業界の中でも羨望の酒場を作り出しました。

ビジネスの発展の一方で「茶」に対する造詣を深めることも忘れず、生産地、茶匠などに直に教えを請いに動き、そこでの学びが今回のONDで目指す「お茶割りペアリング」にたどり着きました。

深まれば深まるほど、従来の「茶割」の域を飛び出さざる得なかった「極意」を堪能してもらえる店とは。そんな思いから進化し、さらに高みを求める「実験的体験レストラン」としてのONDが生まれたといえます。

シェフ・和知良介

1984年12月、東京都出身。幼い頃、外食を通じて「食」に関心を持つようになりました。自分の手で美味しい料理をつくりたいという思いから、料理人の道へ。武蔵野調理師専門学校卒業後、都内外資系ホテルから料理人のキャリアをスタート。恵比寿のイタリアンバルで料理長を務め、また六本木にあるレストランの開業に料理長として参加。その後Daikanyama O’KOKの立ち上げに携わり、2014年のオープンから料理長として活躍し、ゲストの嗜好やその日の気分を一皿にできる店として、料理が料理を超えるコミニュケーションと幸せを感じる店として絶対的なファンを獲得しました。時にはダイナミックにエンタテイメントに料理を見せ、また時にはどこか我が家にいるような暖かく心和む一皿を提供してくれます。

飲食業に2人乗り出してから5年

こうして飲食業に2人乗り出してから5年。あまりにも順風満帆だった二人がいつしか心に感じたのがNext Stage。次なる挑戦だったのです。

和知はそれまでの経験をさらに高みへと押し上げるために3つの異なるジャンルの名店のドアをたたき、修行を願い出ました。いずれも「予約の取れない名店」ばかりで、そこではいままでのキャリアを叩き潰されるような発見と技術の深さ、高さを痛感しました。

「できるということ」と「極めるということ」この違いに愕然としながらも、貪欲にその技を次々と体得し、その中で自分たちが作りたい新しいレストランのイメージがどんどんと膨らみ深くなっていきました。

美味しいものを提供するだけではなく価格や味を超えるレストランでの「新・体験」を作り出す、それがONDなのです。

おすすめポイント

SPECIALITY

「絶対的な確信と試行錯誤」いま、なぜ会員を求めるのか?

アナゴと里芋のフィッシュ&チップス

新しいStageへ挑戦する多治見と和知。長らく熟考してきたONDには彼らなりの成功への確信があります。しかしもちろん、さらなる飛躍のための試行錯誤は、日々続いています。そのなかで彼らが求めたのが「ともに店を育ててくれる観客」となる存在です。 まだ姿形のない店には「ご贔屓」も「お得意様」もいません。 ここから共に育てていこうという、寛容さと、時に辛辣な「舌」「感性」で、ONDを一緒に作り上げ、鍛えてくれる、そんな存在を求めています。従来の会員制という概念を越え、シェフやバーテンダーの向かいに座るONDの一員となっていただける、そんな方々とめぐり会えたらと期待しています。

「Decide the price on your own!」
〜価格を決めるのはあなた〜

日々アップデートされるメニュー

ONDは実験レストランとして様々な要素を含んでいます。 メニューはもちろんのこと、調理温度が生み出す数学的なバリエーション。サステナブルな茶カクテルの可能性。そして、もうひとつの大きな要素が「お客様が決める価格」です。 大きな実験として、食後にすべての料理、ペアリングドリンクの「価値」をお客様自身で決めていただくというものです。 (実験終了時期は未定です。あくまでも実験的な要素なので、終了時にはご了承ください)

日々、飲食サイトの口コミなどのゲストの顔の見えないコメントではなく、直にその声を瞬時に受け止めたいという二人の勇気ある挑戦です。

そんな実験的かつ、アグレッシブな二人のレストランONDだからこそ、このオープン時に会員になることは訪れるお客様にとっても大いなる「価値」があると信じています。

プラン

PLAN

2019.08 - 08.30

従業員配布 100枚

終了

2019.10.01期間延長

先行会員募集 2,000枚

超早割 : 400枚(¥4000/枚) 2019年10月01日 (火) 12時00分 販売開始

早割 : 400枚(¥4500/枚) 2019年10月04日 (金) 15時00分 販売開始

2020.04期間延長

一般会員募集

2020.04

2次流通開始

補足

CAUTION

1発行上限枚数は、5000 枚です。
2店舗の回転率を上げるため、会員が1200人集まったタイミングで、2次流通は開始予定です。
3売却手数料は10%を予定しております。
4売却を行うためには、必ず一度以上の来店が必要になります。
© VALU LTD